今年度見通し 金沢市でも1億円

画像の拡大 体外受精などの特定不妊治療に対する今年度の国と石川県による助成が、初めて1億円を超える見通しであることがわかった。金沢市でも国の負担と合わせ約1億円の過去最高額となる見込み。助成は、1回15万円を上限に国と県・政令市・中核市が折半するが、県少子化対策監室は「晩婚化など社会の変化に伴い、不妊治療は増えていく。一層の制度拡充が必要だが、財政負担は大きい」としている。

引用元: 特定不妊治療 県助成1億超…石川 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞).

体外授精の費用が一部負担されるのは、ありがたいことですが、
それだけ不妊に悩んでおられる方が多いということでもありますね。
現在、1回あたりの体外授精の費用は20~30万円が相場と言われていますので、
1回15万円の補助が得られるのは大きいですよね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます