最早インターネットは我々の生活になくてはならないものになった。特にワイヤレス通信は便利。ないと仕事にならない方も多いのではないだろうか。
以前ロケットニュースで、パソコンから出る電磁波が精子を傷つける可能性があることをお伝えしたが、最新の研究によると更にWi-Fi通信も精子に同様の影響を与えるそうなのだ。
この研究結果はアルゼンチンの研究チームにより学術誌『FERTILITY AND STERILITY (生殖と不妊)』に発表されたものだそうだ。
実験には29名の男性から精液が集められ、それをWi-Fiにつながったノートパソコンから3センチの距離に置き観察。結果、時間が経つにつれ明らかに精子の活動が低下したとのことである。

引用元: 至近距離でのWi-Fi対応機器の使用は精子を傷つけるとの研究結果 – ロケットニュース24(β).

実験では、実に25%の精子が活動停止。そして9%の精子が遺伝子に異常を発したそうです。
あまり神経質になるのもよくないと思いますが、
Wi-Fi通信を利用しているPC、タブレットの膝の上での使用は
控えるに越したことはなさそうですね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます