【佐野】不妊で悩む夫婦の役に立ちたいと、浅沼町で薬局を経営する薬剤師小野正弘さん(73)は、不妊症に関連する蔵書の無料貸し出しを始めた。一般の図書館で扱わない専門書や絶版本、翻訳版なども含む約75冊を用意。小野さんは「28年間続けてきた不妊相談の集大成のつもり。積極的に利用してほしい」と話している。
 小野さんは製薬会社を退社後、東洋医学を学んで薬局を開設した。不妊相談をライフワークとしており、治療の歴史を研究して著書を発行する一方、漢方処方と生活改善の指導を通じて、心身を安定させることの大切さを夫婦に説き続けている。把握するだけでこれまで相談に応じた計190組が子宝に恵まれたという。

引用元: 不妊書籍を無料貸し出し 専門書、絶版本75冊 佐野 |下野新聞「SOON」.

栃木県で漢方薬局を営む方による、不妊治療に関する書籍を無料で貸し出すサービスだそうです。
中には絶版本も含まれるとのことなので、
ご興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。
やはり親身に相談にのってくれる方がいることは、不妊治療の大きな支えになりますよね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます