1980年から2009年までの30年間に、不妊治療の進歩や高齢出産の増加によって、米国女性が双子を出産する割合が急増したことが、米国立衛生統計センター(National Center for Health Statistics、NCHS)が4日に公表したデータから明らかになった。

 NCHSの統計によると、1980年に双子が生まれた出産は6万8339回だったが、2009年には13万7000回とほぼ倍増した。


引用元: 米国で30年間に双子の出産が急増、不妊治療の進歩などで 国際ニュース : AFPBB News.


記事では、30代女性の妊娠による双子の出産率は、出生した双子全体の3割に過ぎず、30代の高齢出産と双子の因果関係はないとのことで、この要因として考えられるのが、排卵誘発剤などの不妊治療によるものかもしれないという見解のようです。
双子の誕生は赤ちゃんを望む夫婦にとってはダブルの喜びになりうるかもしれませんが、近頃は教育費にも多額のお金がかかりますので、のちの事を思うと経済的な心配も出てくるかもしれませんね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます