不妊の悩みと言うのは、一般人でも芸能人でも同じものでしょうが、
一般に公表する、という行動は勇気のいる行動だと思います。
やはり不妊に悩む方々と、つらい状況を分かち合いたい、
という想いからなのかもしれませんね。

ご存知のように、芸能人ご本人や芸能人の奥さまで不妊治療をしている方も、ものすごくたくさんいます。

それでは、具体的に、どのような芸能人の方々が不妊治療を行ってきたのでしょうか。

最近ですと、不妊治療を受ける事を堂々とカミングアウトされた女性として、東尾理子さんや山本モナさんがいらっしゃいます。
お二人とも年齢的な事も考えて不妊治療に踏み切られたようですが、週刊誌等でも好意的に記事が書かれていたので、ご存知の方も多いでしょう。
また、プロテニスプレイヤーのクルム伊達公子さんと元バトミントン選手の陣内貴美子さんは、同時期に不妊治療を行っていた事から、お互いに励ましあって治療を続けていたそうです。
こうしたトップ・アスリートの方々でも、不妊の悩みを抱えておられたのですね。
またシンガーソングライターの大黒摩季さんも、これまで体外受精などの不妊治療を行い、流産を繰り返してきたのだそうです。
大黒さんの場合は子宮疾患も患っており、妊娠・出産によって症状が改善されるケースが多いということもあって、集中的に不妊治療を続けていらっしゃるようです。

他にも、西村知美さんやジャガー横田さん、千堂あきほさん、香坂みゆきさん、爆笑問題の太田光さんの奥様の太田光代さんも不妊治療を行った経験があるとのことで、芸能人の皆さんが不妊治療をカミングアウトしてくれると、発言力があるだけに、不妊治療に対する世間の理解度も深まりますよね。
それに、不妊治療の具体的な内容や心境などをブログ等で公開してくれる事で、不妊治療で悩んだり苦しんだりしている多くの方達に、勇気を与えてくれているような気がします。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます