あなたは「ビスフェノールA」という名称を聞いたことがありますか?

これは化学化合物の一つで、内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ)と呼ばれるものです。
通称「環境ホルモン」。
ああその名前なら聞いたことがある、という方も多いかもしれませんね。

不妊治療の知識をお持ちの方なら、環境ホルモンが人体に与える影響を、多少なりともご存知かもしれません。
よく言われているのが、男性の女性化(性に淡白になる・精子の減少・精子の運動量低下)で、不妊に悩む人たちの増加に関係がないとは、言えなそうな物質です。

このビスフェノールAは、しかしながら私たちが生まれた時から、周りに溢れかえっているのです。プラスティック製のカップ、コンビニのお弁当ケース、プリンやヨーグルトのカップ、それに付いているスプーン・・・限りがありません。
これらはごく少量ながらも体内に蓄積され、私たちはごく幼いころからビスフェノールAを体に抱えて成長してきた、と言えるほどかもしれません。

そしてビスフェノールAは、男性には先のような女性化という問題を引き起こす要因の一つとされていますが、女性が体内にビスフェノールAを蓄積していた場合、何と・・・

男子を身ごもった場合、その男の子の「性器の小型化」をもたらすと危惧されている物質なのです。
これは男性の身になって考えてみると、大変に気の毒なことではないでしょうか。
しかしアメリカの研究では、そのようなデータが出てきているのです。
また2010年にはカナダで、ビスフェノールAは有毒物質に指定されています。

ビスフェノールAが特にやっかいなのは、一見するとプラスティックではないような物、例えばコーヒー店のテイクアウト用紙カップや、使い捨て紙皿、飲料のスチール缶、歯科治療用の歯の詰め物、といった、普通人々が「プラスティック製品ではない」と認識しているような物にも含まれている点です。

ここまでくるともはや防ぎようがない気もしてきますが、熱い物はなるべく陶器やガラスの器を使用する、コンビ二の食品なども、自宅で皿に移し変えてから加熱する、といった配慮をすることで、少しでも蓄積を増やさない工夫が必要ではないでしょうか。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます