子供を作ろうと避妊をせずに交わりを持っても、2年以上妊娠しなかったり、排卵のタイミングをはかって子作りをしてみても、1年以上妊娠しなかったりする場合には、もしかしたら不妊症を疑ってみる必要があるかもしれませんね。

出来れば、なるべく早めに不妊治療専門の病院を受診して、相談してみるのが一番です。
近くに不妊治療専門病院が無い場合には、産婦人科や総合病院の婦人科を受診して、相談してみても良いかと思います。
不妊治療専門病院や産婦人科によっては、無料でメールや電話で不妊の相談に対応してくれる所もありますので、対面での診察に抵抗感や不安のある方などは、チェックしてみてはいかがでしょうか。

また、厚生労働省では全国に不妊専門相談センターを設置しています。
不妊に悩む夫婦の不妊に関する医学的、専門的な相談や、不妊による心の悩み等について、医師や助産師等の専門家が対応してくれますので、まずはこちらで心の不安をケアするのも良いかもしれません。
地域によって対応内容は様々ですが、まずは電話で、居住地域の不妊専門相談センターに相談してみると良いでしょう。
診療機関ごとの不妊治療の実施状況等に関する情報提供も行っているので、きっと参考になるのではと思います。

また、まだ不妊症かどうかわからないのに、専門医に相談するのはちょっと勇気が出ないという方も少なくないでしょう。
そんな方は、まずはインターネットの不妊治療サイト等を利用する事をお勧めします。
掲示板などで悩みを相談したり、不妊治療の内容を知る事が出来るので、とても便利ですよ。
それに、不妊治療を進める事になった時の情報交換や相談にも利用できますので、ご自分に合った場所を見つけてみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます