近ごろは、若い女性でも生活環境や生活習慣、また、ストレス等が原因となって、冷え性の女性が増えてきているようです。
でも、実は、その冷えが不妊にも関係していると言う事をご存知でしたか?

なぜ冷え性だと不妊症になりやすいのか、疑問に思われるかもしれませんが、
そのメカニズムは以下の通りです。

まず身体が冷えてしまうと、身体の内部の血液の循環も悪くなりますが、血液には、身体のエネルギーでもある栄養素や酵素、そして、体調を調整するホルモン等が含まれています。
ですから、その血液の流れが悪くなると言う事は、身体の機能を低下させる事につながってしまうのですね。
つまり、子宮や卵巣がある下半身が冷えてしまうことによって、大切な生殖機能までも低下してしまう原因となってしまうわけです。

そして更に、冷えにより、子宮筋腫や子宮内膜炎、子宮内膜症にも掛かりやすくなると言われているのに加えて、卵巣などのホルモン分泌にも影響を与えてしまい、それが不妊の原因となっているケースが非常に多くなっているそうです。

時折、本人には冷え性だと言う自覚がない場合でも、実際に体温を計ってみると、低体温症になっていると言ったケースも見受けられるので、一度ご自分の体温を測って見るのも良いかもしれません。

特に、自分でも原因に心当たりがないのに、生理痛がひどかったり、排卵に異常が見られたりする場合には、一度冷え性を疑ってみると良いでしょう。
不妊症の治療を行う事も、もちろん大切ですが、まずは、冷え性を改善して体内の血液の循環を良くし、妊娠しやすい身体を作る事も重要です。
当然ながら冷え性の改善は、妊娠しやすい身体を作るだけでなく健康にも良いのですから、やらない手はありません。
またそうする事によって、不妊治療の効果もアップしていく事が期待出来るでしょう。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます