色々考えてみて、不妊治療に興味を抱いたとしても、

「でも不妊治療って、高いんじゃない?」

これが、多くの方の頭にまず浮かぶ心配ではないでしょうか。
現時点では、高度な不妊治療は残念なことに保険適用ではありませんので、こんな不安を抱くのももっともなことです。

不妊治療には、どれくらいの期間が必要なのか?
どのくらい費用がかかるのか?

そのあたりがわからないので、色々不安におちいってしまいます。

不妊治療とひとくちに言っても、大学病院か、個人経営の産婦人科か、によっても治療方針なども変わって来ますし、また不妊を専門としている病院もあります。
ですから選ぶ病院によって、費用や治療の仕方に差が出てくるのです。
現実的に言って、大きい病院や都心の医療機関ですと、スタッフの数も多いですし、高度生殖医療を行っているところもあるのですが、そうなると治療費も、やはり高額になってきます。

しかし不妊治療と言っても、最初からホルモン剤を使ったり、排卵誘発剤を使用して治療する訳ではなく、最初は、基礎体温をチェックしたり、尿検査や超音波検査などを行って、タイミングを合わせて自然に妊娠出来るように促す方法を用います。
この段階では保険適用内なので、3割負担で大丈夫です。
目安としては、1周期あたりで約5000円くらいの費用ではないかと思われます。

このような治療方法をタイミング療法と言うのですが、この治療法を目安として半年間行った上で、効果が見られないようなら次の段階の治療に入りますので、そのあたりから不妊治療の費用も高額になってきます。

例えば、採取した精子を排卵するタイミングに合わせて、子宮内に注入する方法を人工授精と言うのですが、この人工授精の場合は高度な医療技術が用いられるので、1回の治療につき約1万円~3万円くらいの費用がかかってきます。

そして、人工受精でも妊娠が難しいとなった場合、体外受精や顕微受精という一歩先の段階の治療を行わなければなりません。
また女性の年齢が高齢の場合も、体外受精を行う場合が多くあります。
この治療方法は更に高額で、一回で30万円~50万円ほどかかります。

ただ、高額な治療になる場合、自治体などで助成金を出してくれるところもあり、都道府県によってその金額が違うので、高度な不妊治療をお考えになるなら、一度、各都道府県のサイトを一度確認してみるとよいかもしれません。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます