最近、妊娠を待ち望んでいる女性の間で、効果があると評判のお茶があります。

そのお茶は「ルイボスティー」というものです。

ルイボスティーにはSOD様酵素と呼ばれているスーパー・オキサイド・ディスムターゼという成分が含まれています。

このSODはミネラル成分の一種で、ルイボスティーにはこの他にも、亜鉛や鉄分・セレンなどが含まれているのです。

人間の体は、生きていく上で必ず活性酸素を発生させるのですが、この活性酸素という物質は、体の酸化(老化とも深い関係があります)を進めてしまうのです。
そしてこの活性酸素が発生する原因の主なものは、排気ガスや紫外線を日常的に浴びること、日ごろから感じるストレス、喫煙などです。
こう聞くと、活性酸素はなるべく発生させないようにしたいものですが、活性酸素の発生を100%取り除くのは、現代人が普通に生活している限り、ほぼ不可能ですよね。

ただ体内の酸化が進んでしまうと、体内のあらゆる機能を低下させてしまうことになり、生殖器官そのものにも影響を与えるので、卵子も直接影響を受けてしまうことにつながります。

ここで突然ですが、
あなたは卵子が成熟するまでに、どれくらいの期間が必要かご存知ですか?

卵子は元の細胞から発育して、3ヶ月かかって成熟し、排卵されています。

つまり、いまあなたの体内にある卵子は、3ヶ月間のあなたの生活状況を反映している、と言えなくもないわけです。
ということは逆に、今から3ヶ月かけて、もっと卵子を良い状態にしたいと考えた場合、ルイボスティーがその手助けになるのでは、ということで人気を呼んでいると考えられますね。

その理由は最初に述べたように、ルイボスティーにはSODという酵素があり、それが活性酸素を体内から除去してくれる作用を持っているので、卵子の質そのものを向上させてくれる期待が持てるからなのです。
そしてもちろん、女性の卵子だけでなく、男性の精子にもいいと言われていますので、妊娠を望んでいるご夫婦や不妊でお悩みのご夫婦であれば、是非一度試してみる価値はあるでしょう。

その効果には個人差があると思いますが、ルイボスティーは不妊に効果があるだけでなく、アンチエイジングにも効果があるので、美肌効果なども期待出来るかもしれません。
しかも、妊娠前・妊娠中など、時期に関係なく飲むことが出来るため、ずっと飲み続けていても問題ないのです。

金額的にもそう高いものではありませんので、ルイボスティーを習慣にすることは、今日からでも始められる「妊娠しやすい体作り」になるのではないでしょうか。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます