卵巣の一部を凍結保存し、不妊治療に生かす新しい手法を、東京大と米ハーバード大のチームが開発した。食品の冷凍保存などに普及している「過冷却」を応用し、細胞を安全に凍結できるのが特徴で、がん患者が薬や放射線治療による不妊のリスクを回避し、治療後の生殖補助医療を受けやすくなるという。チームは2年後を目標に日本の大学病院などで、この方法が利用できるよう体制を整える計画だ。

 ハーバード大の森口尚史客員講師(幹細胞医学)らは08年、子宮頸(けい)がんと診断された20代後半の米国人で治療前に腹腔(ふくくう)鏡手術を実施し、卵巣の表面を1センチ角の大きさで40枚分切り取った。がんの治療後、凍結保存しておいた一部を解凍し、卵母細胞(卵子のもと)70個を採取。このうち5個を女性の卵管内で24週間育てたところ、成熟した卵子5個を得た。女性はこの卵子で体外受精に成功し、現在妊娠中だという。

 がん患者が治療後の妊娠・・・

引用元: <卵巣凍結>不妊治療に生かす新手法 東大など開発 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

ついに、不妊治療の技術がここまで来たんですね・・・
これまでも卵子を保存・凍結するという方法はありましたが、今回は卵巣の一部の細胞から、新たな卵子を作り出す技術、そしてそれが成功したということで、大きなニュースになっているようです。
子宮頸がんは、日本女性にも年々増えてきている病気の一つですから(最近は、若年のうちから予防ワクチンを接種する動きも盛んになってきました)、こういった技術が進むことは、心強いことだと思います。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます