芸能事務所「タイタン」の社長で、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんの妻・太田光代さん(48)が、「顕微授精」で受精卵ができたことをツイッターで報告している。
太田さんは以前から不妊に悩み治療を続けていたが、子宝には恵まれてこなかった。太田さん自身「最後」とする今回の治療で、無事妊娠することはできるのだろうか。
「最後の受精卵をどうしても移植出来ない…」
太田さんは2012年8月6日、ツイッターで
「うんとね、三回って決めた顕微授精でできた受精卵のランちゃんを、どうしても移植出来ないの。いなくなったら嫌だし、三回以上受精卵を作らないって決めてたから。どうしたら、いいって思う?」
とツイートした。
太田さんは30代の頃に体外受精に挑戦したが、受精卵はできなかった。今回初めて顕微授精を3回やってみたところ、3回とも受精卵ができた。しかし1回目、2回目は着床に失敗してしまい・・・

引用元: これが不妊治療のラストチャンス? 太田光代、48歳の「顕微授精」 (1/2) : J-CASTニュース.

太田さんは顕微授精での受精卵が、なかなか着床しない・・・とのことで、大変お悩みのようです。
実はこの顕微授精、うちの妹も2回トライして、やはりうまくいっていません。着床しない、または着床はしても、途中で育たなくなってしまうなど、体や精神への負担と、かかる費用を考えても、かなりつらい治療であると思います。
やはり成果を出しているクリニックというのは、口コミで評判が伝わっていき、そこに集まる患者さんも増えていきます。

顕微授精を検討するとなれば、皆さん知り合いの成果とか、周囲の評判をチェックしてクリニックを決めると思いますが、やはり難しいことに変わりはないようです。私の会社の同僚は、あまりにも費用がかさんでしまう(一回で数十万円)ので、残念ながら諦めたという人もいます。
ただ、しっかり着床すれば、健康な赤ちゃんが生まれてくる可能性も高いので、体調と費用面の兼ね合いを相談しながら決めていくのがよいのでしょうね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます