自然妊娠のためにできることを、ご一緒におさらいしてみませんか?

妊娠しやすい食生活とは?

妊娠、出産は女性の体にとっての大仕事です。
ということは、妊娠・出産をしっかり果たすだけの健康と、必要な体力がなければ
妊娠しづらくなるのが自然の摂理ともいえます。

ですから極端なダイエットや、極端な肥満は妊娠をさまたげる要因になってくるのです。
ダイエットは月経不順や、無月経をまねくことがあり、
逆に肥満はホルモンのバランスを崩すため、排卵障害をまねくことがあります。

赤ちゃんを育てる母体となるはずの体が、こうした問題を抱えていると
胎内で赤ちゃんを育てる力がつかず、妊娠しづらくなるといわれています。

ですから自分の体がそうした問題を抱えないためにも、

・ビタミン
・ミネラル
・たんぱく質


を積極的にとることを心がけましょう。
具体的には野菜や海藻類、魚、大豆製品などがおすすめです。

またおひたし、酢の物、煮物など、油を控えた調理法が良いようです。

仕事の関係などで外食や、出来合いのお惣菜を使うことが多いという人も
簡単なものでも構いませんので、できる時はなるべく手作りの食事を心がけてみてください。


自然妊娠しやすい体をつくろう!参考レシピリンク

Cpicon ほうれん草とスプラウトの鮭フレーク和え by s香茜s
鉄分カルシウムなどのほうれん草に、抗酸化作用は免疫を高めるスプラウトと、排卵期に効果のある鮭がふくまれています。

Cpicon たんぱく質と鉄分の卵焼き by s香茜s
高たんぱくの卵と、鉄分・カルシウムが豊富な千切り大根、豚肉はビタミンBを補給、ミネラル豊富なわかめも入った優秀レシピです。

Cpicon ほうれん草のカルシウムソテー by s香茜s
妊活に必須の栄養素、ビタミン・カルシウム・鉄分がバランスよくとれる上に簡単な、忙しい方にもおすすめの一品です。


・大豆とごぼうのバルサミコ煮
・ブロッコリーと豆腐のジンジャーソース炒め
・大麦の豆乳スープ

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は体内の酸化を防ぐとともに、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用を持つので、体のコンディションを整えるうえでも大切な栄養素です。

こんなこと試してみました

妊活を助けるガイドブック

妊娠成功ガイドブック

自分自身の妊娠力を高める、自宅で出来て、からだにも優しい方法です。譚先生いわく、30代後半~40代後半でも閉経さえしていなければ妊娠は可能!とのことです。心強いですね。


アキュモード式不妊症改善
セルフケアDVD

不妊治療や投薬・漢方・サプリを使わないことをモットーとする、不妊症・婦人疾患治療院アキュモードの院長、北村恵実子さんが自然妊娠を促す方法を教えてくれています。


しあわせ妊娠マニュアル
(子宝の知恵シリーズ)

これは、不妊で悩んでおられる方をはじめ、これから赤ちゃんがほしいと願う方のために書かれた「正しい妊娠のための過ごし方」です。著者である整体師の溝口博士さんによる「個別無料メール相談(3ヶ月間)」も受けられます。